index
 
ホーム > 交通事故への対処方法

交通事故への対処方法
事故に遭わないような防衛運転を心がけていても事故に遭う可能性は否定できません。
そんな万が一にそなえての準備と対処方法をご紹介します。
事故現場での処置
1  けが人を救護する 救急車を呼ぶとか、自分で近くの病院に運ぶなど状況によって適切な方法をとります。 軽いケガでも必ず病院に付き添い、診察を受けてもらうようにしましょう。
2  事故車を安全な場所へ 事故車をそのままにしておくと、交通渋滞や二重事故の原因になります。安全な場所へ移動を!
3  警察へ連絡する 電話で大丈夫です。後で「交通事故証明書」を取付けるために、たとえ軽微な事故であっても、必ず警察に事故届をしてください。 警察には、あいまいなことは言わず、また主張すべき点ははっきり主張しましょう。
110番通報するのが一番です。
4  相手を確認する 加害事故、被害事故にかかわらず、免許証などで相手方の氏名、住所、連絡先などを確認しておきましょう。また、相手車両の登録番号も必ずメモしておいてください。 相手方にも保険がついている場合にはその保険会社、証券番号、契約者氏名、連絡先を確認してください。
5  事故状況と目撃者の確認をする 事故の状況は、賠償額を決定するうえで重要なキメ手になります。お互いのスピード、停車位置、信号など忘れないうちにメモしておきましょう。目撃者がいたら、住所、氏名なども聞いてメモしておきましょう。
6  その場で示談にしない

対人事故、対物事故いずれの場合も事故現場では絶対に示談にしないことです。あわてて示談すると、法外な賠償金をとられることがあります。
直談判せず保険会社との話し合いをしましょう。

7  事故車を修理工場へ 事故車をもよりの修理工場へ運びます。損害が大きく、走行できないときはレッカーを頼んでください。レッカーの費用は車両保険でお支払いします。搬入が遅れる場合は、搬入予定日を修理工場へ連絡しておきましょう。
8 保険会社へ事故報告する 保険会社へ事故報告。報告は事実を報告する。
 
万が一に備えて
1 保険書類
保険契約書類(保険証書など)は常に車に載せておきましょう。
2 筆記用具 現場で双方の住所などをメモする際に必要になることがあります。
車にはいつもメモと筆記用具を載せておきましょう。
3 カメラ 使い捨てカメラでもいいので車に載せておくと現場写真を撮ることもできますので役に立つことも・・・
(そのほか特ダネに遭遇することもあるかもしれませんが・・・)
保険の請求に必要な書類
事故の種類によって異なりますが、必要な書類は下記の組み合わせになります。
また用紙については各保険会社ごとに所定の用紙が用意されていることがほとんどです。
1 保険金請求書
 
2 事故証明書 「交通事故証明書交付申請書」へ記入し、事故場所を管轄する安全運転センターに申請して下さい。
3 示談書 示談前に保険会社と打ち合わせをしましょう。
当事者同士で処理をしようとするのはいわゆる”素人療法”です。
4 修理費見積書 修理着工前に弊社にご相談下さい。通常修理工場で作成をします。
5 事故車両の写真 登録番号を入れ、損害箇所が良く分かる様に写します。
通常は修理工場で対応します。
6 ご契約車両の写真 対物事故の場合にも添付して下さい。
警察の事故証明書の添付があれば不要です。
7 医師の診断書 後遺障害がある場合は別途後遺障害診断書が必要です。
死亡の場合は死亡診断書又は死体検案書をご用意下さい。
8 診療報酬明細書 治療を受けた病院で作成してもらいます。
9 休業損害証明書 被害者の休業損害を証明できるものを勤務先税務署等に発行してもらいます。
10除籍謄本(死亡の場合) 被害者の本籍地の市区町村の役所で発行

有限会社福島自動車
〒365-0014 埼玉県鴻巣市屈巣4353
電話:048-569-2940  FAX:048-569-1856  e-mailはこちら